タイトルロゴ


三池炭鉱専用鉄道 本線(廃線)

概要

三池炭鉱は福岡・熊本県境の福岡側の大牟田市を中心に広がる炭鉱だ。明治初期に官営炭鉱として近代的な開発が始まり、1888(明治21)年、三井に払い下げられて大きく発展した。閉山は1997(平成9)年。明治から平成まで石炭採掘を続けた我が国有数の炭鉱である。
 
さて、どのような産業であれ物流システムは事業の根幹を成すものだが、炭鉱も例外ではなく、極論すれば、石炭産業とは採炭現場から消費地まで石炭を届ける運送業といっても過言ではない。石炭輸送の主な手段は鉄道で、産炭地から遠方の消費地(製鉄所・火力発電所等)までは貨物列車が運んでいた。その前段階で必要となるのが、鉄道の幹線と炭鉱の坑口・貯炭場とを接続する路線である。
 
三池炭鉱の石炭輸送路線は、官営時代の1878(明治11)年に大浦坑と大牟田川の河口に開通した馬車鉄道から始まった。そして、炭鉱の払い下げを受けた三井は本格的な路線の建設に着手し、1891(明治24)年に横須浜〜平原(七浦坑)を開通。その後も順次延伸して総延長150kmにも及ぶ路線網を構築した。これは国鉄とは別の三池炭鉱の専用鉄道である。


ライン:赤=本線、紫=旭町線、水色=勝立線、緑=玉名線、青=その他の支線
マーカー:丸=駅、赤バルーン=橋梁等の構造物、黄色バルーン=坑口、緑バルーン=電気機関車の保存場所

運行する部署や法的な位置付けが幾度も変更されたためか、この路線には「○○線」という形での正式名称は定まっていない。鉄道マニアの分野では、大正から平成まで最も長く続いた「三池港務所」という事業者名で呼ばれていたようだ。当サイトは、世界遺産登録の暫定リスト「九州・山口の近代化産業遺産群」の構成資産名である「三池炭鉱専用鉄道」を“正式名称”とし、文中では略称の「三池鉄道」を用いる。
 
三池鉄道の本線(地図の赤線)は大牟田市北部の三池浜駅を起点に同市中心部をほぼ取り囲むようなルートを描き、終点の三池港駅に行き着く。長さは約9.3km。地図を見ると、路線が各坑口(黄色のバルーン)を巡っていることが分かる。本線から離れた坑口や三池港の貯炭場等には支線が延びていた。旭町線・勝立線・玉名線の支線をはじめ、多数の支線や引き込み線があった。鹿児島本線とは北の旭町線や南の連絡線で接続しており、石炭は選炭を経た後、三池港や鹿児島本線から出荷された。また、市内の石炭化学工場(参考 三井化学工場)や火力発電所にも引き込み線経由で運ばれていた。
 
三池鉄道は石炭輸送が中心の路線だが、化学製品などの他品目も多少は運ばれていた。また、炭鉱労働者とその家族を対象とした通勤列車を運行していたこともある。通勤輸送は1946(昭和21)年に勝立線から始まり、1948(昭和23)年には玉名線と本線でも運行を開始した。基本は石炭輸送路線なのに駅が多いのはそのような事情による。さらに、1963(昭和38)年から1973(昭和48)年の間は地方鉄道として一般の旅客輸送まで行っていた。地方鉄道時代の路線名は「三池鉄道線」、旅客路線は本線を通る万田線(三池港〜万田)、玉名線と本線を通る平井線(三池港〜平井)、そして勝立線(宮浦〜東谷)の3本があった。勝立線は1969(昭和44)年に廃止。1973(昭和48)年に炭鉱関係者専用に戻り、1984(昭和59)年に通勤列車は廃止となる。
 
1997(平成9)年、三池炭鉱閉山。同時に三池鉄道も石炭輸送路線としての役割を終えた。それ以前に複数の支線が既に廃止されている。また、旭町線だけは三井化学専用線として存続しており、三池鉄道時代の電気機関車が現役で働いている。
 
廃止路線の現状を述べると、本線については電力・水道・ガスのライフラインが敷設された部分を中心に廃線跡が比較的残っている。ただし、三池港付近は有明海沿岸道路に変貌した。廃線跡はレール・枕木・架線柱の類はほとんど撤去済みだが、築堤・橋梁・ホームといった構造物は現存している。なお、国指定重要文化財である三池炭鉱宮原坑・万田坑に追加という形で、廃線跡の一部も重文に指定される予定だ。おそらく両坑を結ぶ区間かと思われる。支線については道路に置き換わった部分が多い。玉名線は別記事を参照。
 
このコーナーに掲載した写真は、筆者が本線の廃線跡を歩いて撮影したものだ。ただし、おおむね宮原坑付近から西原駅までの区間に限られる上、その区間も見落とした遺構があることをお断りしておく。また、かつてこの路線を走行していた電気機関車を別記事で紹介している。

参考文献

  1. 『筑後の近代化遺産』九州産業考古学会筑後調査班、弦書房

リンク

  1. 三池鉄道 ウィキペディア
  2. 広報おおむた2009年12月号特集 三池炭鉱専用鉄道
  3. 九州・山口の近代化産業遺産群三池炭鉱専用鉄道敷跡
  4. 炭鉄本館 三池鉄道について最も詳しいサイト
  5. 津軽軽便堂写真館三池炭鉱の鉄道
  6. 歩鉄の達人廃線探索写真館三井三池港務所(三池鉄道)-1
  7. 異風者からの通信三池鉄道 探訪マップ
  8. 炭鉱電車が走った頃
  9. 眠れないマクラギを数えて

 
作成日:2013/1/20、最終更新日:2013/1/31

inserted by FC2 system